2011年03月20日

New Forest調査

ロンドンの南西の海沿いにあるNew Forest National Parkに調査に行きました。
イギリスの森は日本の森と違って平らなのでちょっと変な気がしました。
そういえばいつも行くボルネオの森も山ですもんね。
日本でこんな平地に木が生えていたらだいたい松の木なのに、こちらでは樫などです。

newforest.jpg

調査の目的は、季節ごとにいろいろな環境に生息する土壌動物
(おもにミミズと地上を歩いている昆虫)の分布パターンを調べるためです。
せっかくの調査でしたが雨に降られてしまい、ずぶぬれ、泥まみれの調査でした。

survey.jpg

すっかり冷えた後のお昼は幸せだったこと!
こちらの郷土料理(?)コーニッシュパイCornish Pastyを食べました。

cornish.jpg

ところで、ロンドンでは桜が満開ということをちょっと前に書きましたが、
郊外にいくと桜のようだけどもっと小さくて真っ白な花をつける木がたくさんあって、綺麗です。
「あれも桜なの?」と尋ねたら、
「Blackthorneクロサンザシだよ。秋には赤い実をつけるよ。」と教えてもらいました。
桜にとっても似ています。
写真をとって比べてみました。左が桜、右がクロサンザシ。
Londonsakura.jpgblackthorne.jpg
posted by 梅吉 at 04:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月15日

桜満開!ロンドン

今年は日本にいないから桜は見れないな、なんて思っていたら、
ロンドンでは桜が満開です。
こんなに桜が植わっているとは思いませんでした。
日本のように一面桜っていう風ではないですが、かなりきれいです。
さらに、黄色の花をたくさんつける灌木と一緒に植わっていることが多いので、
日本でいう「菜の花と桜」みたいです。

Londonsakura2.jpg

日本の地震のニュースは、こっちでも大きく取り上げられています。
連日、新聞の最初の4ページは全て日本の地震の記事です。
テレビがないのでどうしても情報は遅れがちなのですが、
パソコンにかじりついています。
今博物館には日本人は私しかいないので、
スタッフの人たちが皆心配して声をかけてくれます。
あと、いろいろな人から聞くのが
「日本って国はすごい。これがヨーロッパで起こったことなら、
政府も国民も皆でパニック状態に陥ってしまう気がする。」
なんにもできないのが歯がゆいのですが、
ひとりでも多くの人が助かって、原発事故が終息することを願うばかりです。
posted by 梅吉 at 18:12| Comment(2) | TrackBack(0) | 趣味徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月13日

ギャラリー巡り

先週今週と2週にわけて、National GalleryとTate Modernに行ってきました。
どちらも素晴らしいです。入館料は寄付制で無料です。

National Galleryは、Trafalgar Squareの前にあります。

NG.jpg

ここは、ミケランジェロからはじまって、ルーベンス、レンブラント、
近代に近づくと、ゴッホ、モネ、マネ、スーラ、ドガ、セザンヌ、、、と
まるで小中学校の絵画の資料集のページをめくっているようです。
一部屋全部レンブラント、次の部屋は全部ルーベンス、、という展示は、
日本の美術館の海外特別展をいくつも見た気分になります。

お次のTate Modernは、旧発電所power stationを改造して作られた巨大な美術館です。
St. Paul’s Cathedralからテムズ川に向けてまっすぐに延びる道から、
歩行者専用のMillennium Bridgeでテムズ川を渡り、その南岸にでーんと
構える巨大な建物です。
Millennium Bridgeから北を見るとレンの建てたSt. Paulがそびえ、南を見ると
Tate Modernの巨大な煙突がそびえている様は、圧巻です。

StPaul'C.jpg
tate.jpg

ここは、その名の通り、新しい作品がほとんどです。
ピカソやアンディウォーホルの作品が人気のようで、マップにもちゃんと
書いてあるので、人が集まっていました。
しかし、ここはNational Galleryよりも鑑賞の難易度が高いかもしれません。
展示が作者別年代別になっていないので、お目当ての作者の画風をしらないと
スルーしてしまいます。実は日本でも有名な絵がまぎれています。
わたしもあまり詳しくないのできっとたくさんスルーしてしまったのでしょうが、
絵を見て、「あれこの絵は、、?」と思って、モディリアニとマチスを
見つけた時はちょっと得した気分でした。

しかし、これだけの絵を一度に見るとぐったりと疲れてしまいました。
そのことをルームメイトに話したら、
「Museum Fatigueっていうんだよ、そういうの。」だそうです。
なるほど。
posted by 梅吉 at 02:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 趣味徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月01日

St Paul's Sunday Roast

ルームメイトに
「パブランチを食べに行きたい!」「イギリスのローストビーフを食べたい!」
と言っていたら、連れて行ってくれました。

なんと、セントポールズ大聖堂(St Paul's Cathedral)の中にある
レストランのランチです。
セントポールズは、グリニッジ天文台などの建築も手掛けている
クリストファーレンの設計による大聖堂で、地下には彼のお墓もあります。
そのほかにも、地下には、ネルソン提督やチャーチルのお墓もあります。
そんな由緒正しい大聖堂の同じく地下にあるレストランに行ってきました。

stpaul.jpg

もちろんメニューは「Sunday Roast」です。
ローストビーフに、付け合わせのローストベジタブルにヨークシャープディング。
グレービーソースとホースラディッシュでいただきます。
これこれ、これが食べてみたかったのよ!

sundayroast.jpg

スターターのアーティチョークのスープも絶品でした。
あと、デザートのアップルクランブル&バニラアイスも!
posted by 梅吉 at 06:22| Comment(3) | TrackBack(0) | 料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月27日

オレンジ色のサツマイモ

むしょうに、「大学芋」が食べたくなって、
スーパーにサツマイモを探しに出かけました。
でも探しても見つかりません。
次は、八百屋に行ってみました。
ありました!見た目がジャガイモかヤム芋のようで分からなかったんです。
でも確かに「sweet potato」って書いてあるから、そうなんでしょう。

割ってみたら、なんともきれいなオレンジ色です。
ニンジンみたい。

sweetpotato.jpg

中華鍋もない。砂糖はグラニュー糖、ごまもない。
なんとか、「大学芋もどき」ができました。

こっちのサツマイモは、日本の品種のようにねっとりとした甘さはないので、
きんつばとかには向かないかもしれないけど、あっさりとした甘さは
料理にいいかも。
大学芋も美味しくできました。
ルームメイトも「Lovely!」っと言ってくれました。

daigakuimo.jpg
posted by 梅吉 at 02:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月16日

そろそろロンドンに戻ります

そろそろロンドンに戻ります。
むちゃくちゃ忙しい1ヶ月でした。
ロンドンが懐かしい。

バレンタインディに女子学生からチョコレートを貰いました。
専門にあわせて、昆虫チョコです。
かわいいよ。

choco.jpg
posted by 梅吉 at 20:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月23日

一時帰国

1ヶ月くらい一時帰国します。
そのために、正月明けから忙しかった〜。
そして日本での1ヶ月も忙しい予定。

ついでに、新聞ネタ。
新聞のなんでもランキングコーナーに
「これぞ至福の時って思うのはいつ?」というのがありました。
一位は、
「真新しいベッドにもぐりこむとき」。なるほど。
ベストテンには、
「外が嵐のときにふかふかの布団にもぐりこむとき」
「久しぶりに恋人を空港で迎えたとき」
「外が大雪の時に、暖炉の前に座っているとき」
「ずっと欲しかったものをセールで見つけたとき」
などなど。どれも、納得です。
でも、これらを抑えて堂々の2位が、
「古いズボンのポケットを探ったら10ポンドが出てきたとき」。
これが2位ってどうなんだろう、、。
posted by 梅吉 at 03:17| Comment(1) | TrackBack(0) | 趣味徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月07日

七草粥

アメリカで食べすぎて、
new yearはワインやシャンパンをたくさん飲んで、
日々、サンドイッチやfish&chipsを食べていたら、胃がもたれました。
今日は1月7日なので、もたれた胃にやさしい「七草粥」を作りました。
といっても、日本の七草が手に入るわけではないので
似たようなものを、、と探して、
「クレソンとルッコラのおかゆ」です。

RIMG0194.jpg

あ、クレソン(せり)だけは、あっている!

ルームメイトにも
「正月の胃の疲れをとるのと、一年間の健康を祈るためだよ」
と言って、食べてもらいました。
posted by 梅吉 at 19:45| Comment(3) | TrackBack(0) | 料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月29日

Acoma Sky City

アメリカから帰ってきました。
時差ボケと帰った直後に出かけたロンドンの
ポストクリスマスセールの疲れでダウンしていました。
アメリカにいる間ロンドンは大雪で、
帰りは私の乗った飛行機がワシントンを出発した後にアメリカ東海岸は
大雪で閉鎖した空港もあったらしいのでなんともラッキーな旅でした。

クリスマスイブの日は、Acoma Sky Cityに行ってきました。

RIMG0166.jpg

Acoma Sky Cityは、砂漠の中のメサ(台地)の上に築かれた
native American、Acoma族のプエブロです。
Albuquerqueから40号フリーウェイで西に1時間ほど行ったところにあります。
砂漠の中の切り立った台地の上の村は、まさに「sky city中空都市」です。
上から見下ろす景色も絶景です。

RIMG0138.jpg

電気も水道も通っていない岩の上では、今でも生活している人がいます。
ほとんどの人は近くの町に越しているらしいのですが、少なくとも族長はそこに
住まなければいけないそうです。
入場制限がなされており、ガイドの人と一緒ではないと入ることはできません。

RIMG0127.jpg
村で唯一の木。皆は「Acoma National Park」と呼ぶらしい。

下りは、道路ではなくて、昔の人にならって切り立った崖を降りてきました。

RIMG0163.jpg
posted by 梅吉 at 21:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月24日

アルバカーキ

今、アメリカのアルバカーキAlbuquerqueにいます。
ロンドンは100年来の大雪といわれていますが、
一足先に脱出してきました。

アルバカーキは、New Mexico州の
東にSandia Mountainを望む標高3000mくらいの街です。

久しぶりにスノーボードをしてきました。
Sandia Peak Ski Areaという非常にローカルなスキー場ですが、
最長滑走距離は8キロ以上となかなかです。
周りが砂漠で山だけ雪が積もっているので、
下界の茶色い風景を眺めながらの滑走です。

RIMG0100.jpg

ボードの後の晩御飯は、メキシコ料理に行きました。
やっぱりMew Mexico州だと「メキシコ料理」というイメージがありますね。

RIMG0108.jpg
posted by 梅吉 at 09:43| Comment(2) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。