2005年11月02日

タイからTrick or Treat!!

10月31日は、世界中がハロウインでした。
仕事場で、いやっと言うほどお菓子食べました。
私も砂糖の過多摂取でした。

ところで、、
これかわいいでしょっ!!
一つ目おたまじゃくしのぬいぐるみです。
タイのデパートで、ハロウインコーナーの棚の上から
「買って!」って見つめていたのでついつい買ってきてしまいました。

hitotume.jpg

これ、おたまじゃくしのくちのところがCD入れになっているんだよ。
posted by 梅吉 at 19:44| Comment(3) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月01日

動物奇想天外?!

タイのバンコクに行ってきました。
「竹印」のキプチャクさんと「竹印キュイジーヌ」のゆきこさんと一緒です。
きっとたべもの報告は、彼らのブログで見ることができるでしょうから、
私は動物特集です。

わたしは、タイとマレーシアによく行くのですが、
マレーシアは野良犬はやせていて幸せそうではないです。
でも、タイは正反対です。
どこにいっても犬は餌をもらってのんびりと寝ています。
お寺にいくと境内の裏には10頭くらいが集団でごろごろしてたりします。
今回も、、、チャオプラヤ川のほとりのベンチで
午前中からうとうととしていた犬がいました。
ん?そのベンチはにんげん用では、、。
うーん、犬になりたい。

dog.jpg

さて、本物ではないのですが、、、
とっても楽しいネコとネズミ(?)を、ワット・ポーの境内で見つけてしまいました。
この表情!このいじらしさ!かわいいでしょ?

stonecat2.jpg

stonecat.jpg

「頭かくして尻隠さず」とは、キミのことだ。
posted by 梅吉 at 18:33| Comment(4) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月03日

熱帯雨林の上空から

ボルネオ、サラワク州に一週間ほど行ってきました。

今回は、滞在期間が短かったのであんまりいろいろなことをしていません。
ですから、仕事の内容を少し。
今回の仕事でメインだったのは、クレーンを使っての、
上空からの熱帯雨林の生物調査です。


crane1.jpg

工事用大型クレーンのフックの先に鳥かごのような三人乗りのゴンドラを吊り下げて(写真を見てください←)、クレーンのジブの届く範囲であれば樹冠部に近づくことができます。
到達可能範囲は、高さ80m、距離半径70mの円内です。
目の前には、熱帯雨林とオイルパームのプランテーションが果てしなく広がっています。










とにかく、高いですよ〜。
最初はすごく足がすくみました。もう慣れましたけど。

でも、すごく気持ちがいいです。
どういう言葉で説明したらこの感覚が伝わるかどうかわからないけど、
「鳥になった気分。」っていうのかな?
写真で伝わります?
高い木を見上げて、「あ、あの枝の先にある鳥の巣がみたい」って思ったけど届かない...っていう経験あるでしょ?鳥みたいにふわって飛んでそこに届けば...って。
それに、本当にふわって手が届くわけですよこれが。

crane2.jpg
posted by 梅吉 at 19:34| Comment(2) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月11日

インドネシア日記 番外編

インドネシア旅行で、どうしても言い足りないことがあるので、
ここで、番外編。
もちろん「食べ物番外編」です。

いままで海外のいろんなところに行っているけど、
食べたことがないタイプの料理ってあんまりないです。
どれもおいしいし、その国独自の味付けだけど、
まあ、「蒸す・焼く・煮る・揚げる」などです。
今回は、パプアで今まで食べたことないものに遭遇しました。

まずは、Papeda(パペダ)というもの。

sago1.jpg

レモングラスの香りがする魚のカレースープにサゴ澱粉を練って
やわらかくしたものをおとして、スープに浸しながら食べます。
サゴは、サゴヤシからとれる澱粉です。
パプアの人は、これを日本でいうお米がわりに主食にするらしい。
サゴヤシのプランテーションもたくさんあります。


sago1.jpg
大きな器にどんっと入ってきたサゴを
二本のお箸で、まるで水あめのように練りながら、
お皿に入ったスープの上に落とします。
見た目は腹持ちよさそうで、
本当に腹持ちがいいです。
でもおいしかった。





もひとつおまけの初めての味。
sodasusu(ソーダスス、訳するとミルクソーダ)。
で、おいしそうな名前だわって思って注文したら、出てきたのがこれ↓

sodasusu.jpg

グラスの1/3まで練乳が入っていて、
そこに、炭酸オレンジジュースを注いだらできあがり。
味は、ご想像の通り。あま〜い。
posted by 梅吉 at 13:26| Comment(3) | TrackBack(1) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月08日

インドネシア日記 その2 初めてのパプア

インドネシアには何度も行っていますが、さすがにパプアは今回が初めてです。
昔は「イリアン・ジャヤ」って言ってましたが、最近は「パプア」と呼ぶそうです。
バリ・デンパサール空港から真夜中の2時半発の飛行機に乗って、チミカ→ジャヤプラ→マノクワリと行ってきました。帰りは、マノクワリ→ビアック→ソロン→ウジュンパンダン→デンパサールです。
時間がある人は、地図で探してみてください。ちなみに乗った飛行機は、ヴァタビア・エア、メルパティ、ライオン・エアと聞いたことない航空会社ばかりでした。
最終的な目的は、マノクワリの森林で生き物の調査をすること。
でも、パプアの北部に位置するマノクワリは、思っていたよりも単純な森でした。
どうやらパプアは南部の方に行くとオーストラリアと同じ動物がいるようです。
今度は南部に行くぞー。

「パプア」と聞くと秘境のジャングルで町にはコテカをつけた裸族の人がたくさんいる、と思って行ったら、大きな間違いでした。住んでいる人たちの容貌は、インドネシアでもジャワやスマトラとは違って、ミクロネシア系の人でした。
確かに森が多くて町も小さいけど、とっても整然としていて、道路も広くてきれいでした。
面白いことに、木を切った後がすべて草原になっていて湖もあって、なんだか東南アジアというよりヨーロッパをイメージするような風景でした。

   Papua1.jpg  Papua2.jpg
    ↑マノクワリの町と、高台から眺めた海の風景です。

大きな誤算は、パプア州立大学でいきなり授業をするように頼まれたこと。
教室に入ると100人くらいの生徒と先生がいて、、、もー緊張した〜。
でも、お礼に大学のメダルをもらいました。

さて。パプアでのお食事について少々、、、。しっかりと堪能してきました。

lunch4.jpg調査で一日中森にいるときは町でランチボックスを買っていきます。
メニューは、フライドチキンにミーゴレン(インドネシア風ヤキソバ)、ポテトとチリの炒め物。
あと、かならず大きなえびせんみたいなのがつきます。





lunch5.jpgこれは、名前はわからないけど、カレースープのビーフンと、甘辛いツナみたいなのをはさんだもち米をバナナの皮で包んで蒸したもの。








lunch6.jpgこれは、チョト・マカッサル(訳するとマカッサル風スープ)です。パプアではなくてセレベス島のスープです。左にあるのは笹の葉に包んで蒸したもち米。スープに浸しながら食べます。
スープの具は、牛肉とにんにく。味つけは、塩コショウと牛肉を煮込んで出たエキス、だけだと思うんだけど。単純だけど、深い味。





調査の合間をぬって、町のマーケットに行きました。
今回の最大収穫↓なんだかわかります?

vanilla.jpg

バニラビーンズです。キロ2000円くらいで売っています。
約250本GETしてきました。半分以上は、母親に持ってかれたけどね。
これで、しばらくはおいしいカスタードクリームとかバニラアイスが食べられるな♪
シュークリームもいいかも。
posted by 梅吉 at 17:08| Comment(8) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月07日

インドネシア日記 その1 バリ島にて

台風の中、インドネシアから帰ってまいりました。
もちろん全部「仕事」です。
行ってきたのは、バリ島とパプアです。

バリ島は、仕事が忙しくて、ほとんどホテルから出ていません。
でも、合間にちょっと海も見てきました。
とにかくバリ島は、物売りが多くて大変、それも日本語で、です。
のんびり海を...というわけにはいきません。
幸い前に行ったマレーシアとインドネシアは言葉がほとんど同じなので、
ひたすらインドネシア語で撃退しまくりました。
やっぱりそれぞれの国ではそれぞれの言葉がじゃべれると楽しいね。

で、まあ、お約束のビーチの写真です。
bali1.jpg
bali2.jpg

それよりも、梅吉といえば「おいしいもの」。おまたせしました。
インドネシア料理といえば、ナシゴレン(インドネシア風焼き飯)と
サテ(インドネシア風焼き鳥)です。
それに野菜炒めや揚げ物なんかもあって、もう食べすぎ。
もちろんデザートは、揚げバナナと寒天ゼリー。ぺろり。↓
lunch1.jpglunch2.jpg

あと、ビーチで夕日を見ながら、シーフード食べました。↓
lunch3.jpg
posted by 梅吉 at 21:39| Comment(2) | TrackBack(2) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月23日

ボルネオ日記その3 仕事の合間に

滞在している所は,ランビルヒルズ国立公園というところで、
公園内に、クレーンや吊り橋といっしょに宿泊施設や公園事務局とかがあります。

夕方、公園で働いている人たちといっしょにBBQパーティーをしました。
バーベキューといってもイスラム教の人が多いので,チキンですが。
公園に住んでいる奥様方が各々の家から料理を作って持ってきてくれました。
これがまたおいしいの。
それぞれの国の家庭料理って、こういう時じゃないと食べられないもんね。

BBQ.jpg
posted by 梅吉 at 12:32| Comment(5) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月21日

ボルネオ日記その1 熱帯雨林の上から

皆さん、お久しぶりです。
実は昨日までボルネオに行ってました。3週間もです。

今度は、ちゃんと仕事で行って、仕事ばかりしてきました。
3回に分けて、ボルネオレポートします。
仕事の内容は、熱帯雨林の生き物を調べること。

ボルネオの熱帯雨林は地上20-50m(位かな?)の
樹冠と呼ばれる部分に緑が茂っていて、
生き物たちもそこで生活しているものがたくさんいます。
そんな高いところに行くには普通の方法ではだめなので、
ここの森にはウォークウェイと呼ばれる釣り橋が木と木の間を渡してある。
だから、地上20-30mで木の間を渡り歩きながら生き物の観察ができるという訳。
えっ?怖い?↓

WW.jpg

さらに、木のてっぺんに行ってみたければ、はしごがかけてあって、
木登りができなくても木のてっぺんにたどり着くことができる。
なんて素敵。
このてっぺんからの景色がとってもきれいで、涼しい風がたまに吹いて、
お気に入りの場所。↓

T1.jpg

でも、高所恐怖症の人には無理かな。
もちろん命綱つけていないと怖いし、ちゃんとこんな看板もついている↓
(訳すると、「体力や自信がなければ登るのはやめましょう。」)

kanban.jpg
posted by 梅吉 at 20:40| Comment(2) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ボルネオ日記その2 熱帯雨林の上の上から

その1で、つり橋のウォークウェイを紹介したけど、
じゃあ、つり橋でつながった部分しか行けないじゃん。って思うでしょ?
そんな悩みにも答えてくれる秘密兵器がこの森にはさらにあるんです。
これ。高さ80mもあるクレーンです↓

CL.jpg

クレーンの先につるしたゴンドラに乗ると、半径75mの円の中だったら
どこでも上から木のてっぺんにアクセスできる。

ここでも、クレーンのコントロールルームのさらに上にある
ジブの部分から眺める景色が最高で、とっても気持ちいい。
もしかして、、、私って「何とかは高いところが好き」ってやつ?
ちなみに、これが、上の上から見た熱帯雨林です↓
素敵でしょ?
は〜、やっぱりこの仕事はやめられないっ。

80m.jpg
posted by 梅吉 at 20:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月24日

京都行き

ちょっと前に京都に行ってきた。
本当は仕事で行ったんだけど、
どうしても「一澤帆布」というかばん屋さんに行きたくて、
ついでにその近くの知恩院を訪れた。

正面の三門から見た男坂がすばらしかった。
ここで、ラストサムライの撮影が行われたらしい。

chion.jpg

で、いまさらながらはまってしまったのが、
「御朱印」。
俗な言い方をすれば、「徳の高いスタンプラリー」。
それぞれの寺社ごとに、ありがたい言葉を書いてくれる。
その寺社の成り立ちや言葉の意味も説明してくれるので、
何気なく寺社を参拝するよりも、ずっとその寺社のことがわかるし、
思い出にも残ります。
これからは、寺社観光ももっと楽しくなるでしょう。

shuin.jpg
posted by 梅吉 at 18:05| Comment(3) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月21日

小笠原行き

小笠原・父島に行ってきました。
片道25時間の船旅はつらかったけど、
すっごく海がきれいでした。
仕事がメインだったからアソビは殆どないけど、
お昼休みに行く三日月山展望台が最高!

DSC_0040.JPG

海が見渡せる高台で、風が吹き抜けて、
ゆっくりしていると、うとうとしてくる。
私的には、父島一押しのポイントだったかな。

最終日に海にでた。
なんと、ハシナガイルカの150頭ほどの群れ!
コバルトブルーの透き通った海に泳ぐイルカ。
ボートを怖がらずに同じスピードでついてくる。
感動。

DSC_0082.JPG

posted by 梅吉 at 08:22| Comment(2) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月12日

ピーマンの花粉

土日を利用して、仕事で宮崎に行ってきた。
本当は、仕事以外に楽しいことたくさんして、
おいしいものたくさん食べてって思ってたのに、仕事オンリーだった。
だから、仕事の話。それに写真も撮る暇なかった。

宮崎出張の目的は、ピーマンの花粉集め。
たぶん、この説明だけでピンとくる人はいないと思う。
混じりけなしの純粋なピーマンの花粉は、ピーマンの花から直接集めなきゃいけない。
宮崎は日本最大のピーマン産地で、
ハウスのピーマンが今ちょうど終わりの時期になるので、
ピーマン農家さんにお願いして、花を集めさせてもらいました。
日が高くなって暑くなると花が開ききって花粉がすべて舞ってしまうので、
朝から花の一つ一つを揺らしながらガラス瓶に花粉を落としていくという
気の遠くなるような作業を2日間してきました。
いくら午前中といっても、ハウスの中はサウナ状態。
でも時間との勝負だから安めない。
そんな思いをして集めた花粉は、たったの小瓶1本分。
それでも、採れたほうかな?
疲れたよ〜。あさってから小笠原なのに。
posted by 梅吉 at 22:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月04日

焼酎蔵見学

DSC_0004.JPG

仕事で1泊2日の鹿児島出張に行ってきた。
鹿児島といっても、市内ではなく吹上浜というところ。
で、出張のほうはどうでもいいんだけど、
途中で市来にある薩州伝兵衛という
焼酎蔵(しょつくらと読むらしい)に寄った。
手作りで焼酎を作る工程が見学できて、試飲もできて、
酒好きにはかなり楽しいところかも。
特に、焼酎の甕が並ぶ蔵に一歩踏み込むと、
芋をふかした甘い薫りと麹の香りがぷんとして、
それだけで酔ってしまいそう。
その後、試飲兼販売コーナーで、説明を受けながら、試飲ができる。
ここは鹿児島なのでもちろん芋焼酎で、
使う麹が黄麹、黒麹、白麹といろいろあって、
それ以外にも焼酎でつけた梅酒や杏酒やビールなんかも売ってます。
結局、いろいろと目移りした結果、ダンボールいっぱい買ってしまった。

DSC_0001.JPG
posted by 梅吉 at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。