2007年12月09日

熱帯雨林の危機

ボルネオに行っていました。
といっても、いつものサラワクのジャングルではなく、
サバ州のケニンガウというところにある植林地です。
目的は、植林地の生物多様性の調査です。
ここでは約5年前からアカシアの植林を始めていて、
まだまだ林も若いので、そんなに多様性は高くありませんでした。
といっても、アカシア林になる前は焼畑農地だったので、
それに比べると、ジャングルには及びませんが、生き物たちは戻ってきています。

植林をしている会社は、現地で合板を作っています。
合板ができるところをはじめて見ました!
私はてっきり木を薄くスライスしたものを張り合わせて作るのだと思っていたのですが、違いました。なんと、丸太を大根のように「かつらむき」にしてうすい帯状にします。それを一定の長さに切って張り合わせるのです。

LVL1.jpg
↑帯状に「かつらむき」にされた木材。

↓と、「かつらむき」の残りの芯の部分。
LVL2.jpg


このケニンガウを走る幹線道路は、奥地の原生林から切り出した木材を積んだトラックが頻繁に行き交います。一台のトラックにジャングルから切り出してきた原木が10本ほど積まれています。
私がいつも調査に行くサラワクのジャングルを思い浮かべると、10本もの大きな原木を切り出すのにおそらく1-2ha以上のジャングルが切り開かれてしまうでしょう。私には詳しい見積もりができないのでわからないのですが、もっと広いかもしれません。そして、1-2分に1台くらいの頻度でトラックは目の前を通り過ぎていきます。
現在、世界中やアマゾンなどの熱帯雨林の消失が大きな話題になっています。でも、熱帯雨林の消失速度をこんなにも体で実感したのは初めてでした。寒気がした瞬間でした。いくら森が豊かなボルネオでもこんなスピードで森林を切り開いていったらいったいいつまでもつのでしょう?

旅行の最終日は、飛行機の都合で、クアラルンプールに一泊。
こんなになんどもマレーシアに行っているのに、実は、クアラルンプールは初めてです。
うわさのツインタワーのライトアップ、凄かったです。まぶしい!

twint.jpg
posted by 梅吉 at 20:24| Comment(1) | TrackBack(1) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いやー。寒気がするね。バイオ燃料を作り出すために、アマゾンとかアジアのジャングルが丸裸になっていく様は、本当に恐ろしい!一時の利益にかられて!日本の技術をもって、廃棄物からエネルギーを作りだす方法を編み出して欲しい。
Posted by ぼたのばば at 2007年12月16日 13:13
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

ブログ意見集: バイオ燃料も?自然環境破壊と温暖化 by Good↑or Bad↓
Excerpt: 「バイオ燃料も?自然環境破壊と温暖化」に関するブロガーの意見で、みんなの参考になりそうなブログ記事を集めています。自薦による投稿も受け付けているので、オリジナルな意見のブログ記事があったら、どしどし投..
Weblog: ブログ意見集(投稿募集中)by Good↑or Bad↓
Tracked: 2007-12-11 14:32
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。