2007年11月10日

Devil's claw

昨日、土のう袋を買いに農業資材店に行ったら、
お店のカウンターにおいてあったものに眼が釘付け。

何かの木の実のようなんですが、見たこともない形でした。
木の実大好きな私としては、その正体が知りたくてたまりません。
じっとカウンターの前で凝視していると、店長さんがやってきて
「これなんだか知っている?興味ある?」って声をかけてきてくれました。
もちろん、前者の答えに思いっきり首を横に、後者の問いに縦に振りました。
「これは、ツノゴマって言って、ゴマの一種だよ。
食用って言うよりも観賞用だね。魔除けにもつかわれるんだよ。
興味を持ってくれたお客さんに分けてあげているんだ。
いる?」っといって店の奥からいくつか持ってきてくれました。
帰ってからインターネットでもいろいろと調べてみました。
「Devil's claw 悪魔の爪」とも言われるんだって、なるほど。
ちょっと遅めのハロウインネタかな?

tunogoma.jpg
posted by 梅吉 at 21:32| Comment(3) | TrackBack(0) | 趣味徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
へぇ、面白いね。
ちゃっかりもらってきたんだ。
なんか、昆虫の頭みたい。
魔除けって、ちょっと納得かも。
Posted by そら at 2007年11月28日 05:45
今日、息子に絵本を読んでいたら、このDevil's Clawが出ていた。アリゾナ、ニューメキシコ辺りに住むインディアンの民話によると、優しいけどいじめられっ子のガラガラ蛇を助けるために、Sky GodがこのDevil's Clawをガラガラ蛇の口につけて、毒蛇にしてあげたんだって。この写真のとおりの挿絵も付いていたよ。
Posted by そら at 2007年12月20日 15:19
あ、確かにガラガラ蛇のちろちろに似ているかも。
本当にinternatinalな植物なんだ。
Posted by 梅吉 at 2007年12月20日 17:09
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。