2010年10月04日

はちみつ色のCotswolds

少し前に、休日を利用して、Cotswoldsに行ってきました。
「はちみつ色の家」といわれる可愛らしい家が建つこじんまりとした村が点在します。
村と村が離れているため、ひとりで見て回るのは難しいので、
ツアーに入って行ってきました。
なんではちみつ色って言うんだろうと思っていましたが、英語での説明を聞くと
「honey and grey colored lime stone(蜂蜜色とグレーの石灰石)」
でできている家だからだそうです。
Burford、Bibury、Bourton-on-the-waterの3つの村を訪ねました。
BiburyはWilliam Morrisが「世界で一番かわいい村」と言ったことから有名になった村だそうです。

cotswals.jpg

観光地化されているなと感じるところもあるのですが、
クリーム色のお家がツタや花で綺麗に飾られていて、本当に可愛かったです。
どこにもハンギングバスケットの花があるんだけど、どうしたらあんなに可愛く作れるんだろう。

flower.jpg

途中のrefreshmentで、ニワトコの花のジュースを飲みました。
最初”Elder flower”と聞いて何の花だか分らなかったので調べたらニワトコでした。
あれが話に聞いていたニワトコの花のジュースだったんだ!
「ノンアルコールシャンパン」という感じの飲み物でした。

elder.jpg
posted by 梅吉 at 18:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。